Notes »Books  »Reviews  »Original papers


27.上田 純平、
"注目の論文:正孔の捕獲-解放による残光の発現!",
「化学」71[8], (2016) 61-62.

26. P. F. Smet, B. Viana, S. Tanabe, M. Peng, J. Holsa, W. Chen,
"Feature issue introduction: persistent and photostimulable phosphors - an established research field with clear challenges ahead ",
Opt. Mater. Express 6[4], (2016) 1414-1419. DOI:10.1364/OME.6.001414

25. G. C. Righini, J. A. Capobiancoc, S. Tanabe,
"Special Issue on Light, Energy and Life",
J.Lumin. 170[3], (2016) 749. doi:10.1016/j.jlumin.2015.11.038

24. 田部 勢津久、上田 純平
"Ceガーネット蛍光体の光電物性と青色畜光可能な長残光蛍光体の設計",
日本学術振興会 第125委員会 EL分科会 第46回研究会合同研究会「LED照明用蛍光体関連技術の現状と将来展望」研究会資料, (2015) 12-15.

23.上田 純平、
"研究機関紹介:デルフト工科大学滞在記",
NEW GLASS 113 Vol.29[3], (2014) 49-51.

22. S.Tanabe,
 "Luminescent Ceramics Benefits a New LED Lamp"、 Kyoto University Research Activities 4[2], (2014) 26.
 (in "Cutting-Edge Research in Kyoto University" of the issue)

21. 田部 勢津久、
"発光材料国際会議2013 (International Workshop on Luminescent Materials 2013) 開催報告",
村田学術振興財団 年報, No.28, (2014) 855-856.

20. S.Tanabe, G.C.Righini, M.Ferrari,
"Preface: Photoluminescence in rare earths: Photonic materials and devices",
Opt.Mater. 35, (2013) 1877-1878.

19. H. Naito, S. Tanabe,
"Preface: Optical, Optoelectronic and Photonic Materials and Applications",
Phys. Status Solidi C 9[12], (2012) 2222-2225.

18.上田 純平、
"第4回希土類フォトルミネッセンス:光学材料とデバイス国際会議2012(PRE'12)開催報告",
NEW GLASS Vol.27, (2012) 66-69.

17.中西 貴之、
"Eu3+付活b-Ca2SiO4, Ca3Si2O7析出結晶化ガラス蛍光体の作成およびその発光特性"
村田学術振興財団年報, No.22, (2008) 686-688.

16.田部 勢津久、
"超広帯域通信光増幅器用遷移金属含有ガラスの開発と光物性",
村田学術振興財団年報, No.19, (2005) 316-322.

15.齋藤、森岡、川崎、湯浅、種谷、田部、川上、船戸、藤田、原田、
"InGaN系発光素子励起Smドープ赤色蛍光体",
シャープ技報 91 (2005) 50-53.

14.田部 勢津久、
”大容量光ファイバ通信に求められる光増幅器材料”
日本セラミックス協会関西支部第7回若手フォーラムテキスト「情報・環境・バイオ分野へアプローチする材料技術」, (2004) pp.17-24. Invited

13.田部 勢津久、
”希土類イオンの4f電子遷移確率制御による酸化物ガラスの光機能設計に関する研究”,
旭硝子財団助成研究成果報告,(2002) 70-72.

12.S.Ohara, N. Sugimoto, Y.Kondo, K.Ochiai, Y.Kuroiwa, Y.Fukasawa, T.Hirose, H.Hayashi, S.Tanabe,
“Bi2O3-based Glass for S-band Amplification”,
旭硝子研究報告 52, (2002) pp.1-5.(英文)

11.S.Tanabe,
"Research Acitivities on Rare Earth Doped Amplifiers for the WDM Telecommunication in Tanabe Laboratory",
Schott Info (The special Glass magazine) No.95 (2002).

10.Y. Kuroiwa, N.Sugimoto, K. Ochiai, S. Ohara, Y.Fukasawa, S. Ito, S.Tanabe, T.Hanada,
“Bi2O3 Based Erbium Doped Fiber (Bi-EDF) for Candidates of the Broadband and Compact Amplifiers”,
旭硝子研究報告 51, (2001) pp.6-10. (英文)

9. 田部 勢津久、
”波長多重通信に向けた光ファイバ増幅器用希土類ドープガラスの新展開”
第33回ガラス部会夏季若手セミナーテキスト「先端技術の基礎と応用」(日本セラミックス協会ガラス部会、倉敷、2001)48-55.

8. 田部 勢津久、
”大容量通信のための高利得光アンプ用希土類含有ガラス材料の設計と光物性評価”
日本板硝子材料工学助成会成果報告書 17, (1999) 111-120.

7. 田部 勢津久、
<新刊紹介>「光学ガラスとレーザーガラス」泉谷徹郎著(日刊工業新聞社)
New Glass 13[3], (1998) p.63-64.

6. 田部、
Rutgers大学滞在記
「セラミックス」32[7], 567-569 (1997) (クロスロード:世界は今)Ver.2=New Glass.

5. 田部 勢津久、
”シンポジウム最新情報;第17回国際ガラス会議”
「化学」51[3],(1996)194-195. 2nd=NGls 12[4] (1997) 50-54.

4. 田部 勢津久、
”4f電子遷移を利用した赤外可視変換材料の設計”
光科学技術研究振興財団平成6年度助成研究・研究成果報告書集、助成対象研究論文, p.1-11

3. 田部、平尾、曽我、
”希土類含有ガラスの局所構造と材料設計”
アモルファス材料第147委員会第32回研究会資料(日本学術振興会、1991)pp.6-11.

2. 田部 勢津久、
”波長変換ガラス−−希土類イオンによるアップコンバージョン”
第23回ガラス部会夏季若手セミナーテキスト(日本セラミックス協会ガラス部会、岡山、1991)pp.65-74.

1. 田部 勢津久,
”次世代の光技術に期待されるガラス材料の設計”
日本工業新聞, 7月11日版、(1990) 11-12.(独創性を拓く先端技術学生論文 ・第4回文部大臣賞(1席)受賞論文)

»著書  »総説・解説  »原著論文