田部 勢津久

English Page

教授 田部勢津久先生

現職: 京都大学大学院人間・環境学研究科・教授
    (相関環境学専攻 物質相関論講座)

学外役職

学内役職

2011〜現在京都大学環境保全安全機構 環境管理専門委員会 委員
2012年総合人間学部自然科学系 学系主任 同教務委員会委員
2011〜2012年同 学生生活連絡委員会 委員
2005〜2011年環境保全センタ運営委員会 無機部会委員
2008年〜大学院人間・環境学研究科 国際交流委員会 委員(2010-2011:委員長)
2009〜2011年京都大学 国際交流委員会 委員
2009〜2011年京都大学 広報委員会 委員
2002〜2011年京都大学ベンチャービジネスラボラトリ運営委員会 委員
2005〜2006年〜大学院人間・環境学研究科 自己点検評価委員会 委員
2007〜2008年大学院人間・環境学研究科 教務委員
(2002)大学院人間・環境フォーラム 実行委員会委員, 総合人間学部広報委員会委員

経歴

1963年6月名古屋市に生まれる
1976年3月金城小学校卒業
1979年3月東海中学校卒業
1982年3月東海高等学校卒業
1982年4月京都大学工学部工業化学科入学
1986年3月同卒業(無機構造化学講座
1988年3月京都大学大学院工学研究科工業化学専攻修士課程修了(同上)
1990年3月同博士課程中退。
1990年4月京都大学教養部化学科助手
1992年10月同総合人間学部自然環境学科助手に配置換(物質環境論講座)
1993年3月京都大学博士(工学)"Optical Properties and Structure of Rare Earth Containing Glasses"
1996年3月
 -1997年1月
米国NJ州立ラトガース大学 セラミックス材料工学科
ファイバオプティックマテリアルリサーチプログラム客員研究員 E.Snitzer教授
2001年4月京都大学総合人間学部自然環境学科 助教授
2003年4月同大学院人間・環境学研究科 助教授
2007年4月同准教授
2008年4月〜同教授(現在に至る)
2009年10月〜科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究員 兼務(〜2014年予定)
2010年3月Rennes大学(フランス)客員教授

受賞歴

2012年6月 国際ガラス委員会(ICG) W.E.S. Turner賞
2012年5月 日本セラミックス協会2011JCerSJ優秀論文賞(共同受賞)
2009年5月 日本セラミックス協会学術賞
"ガラス・セラミックスの構造制御による新規希土類発光材料の開発"
2003年3月 丸文研究奨励賞丸文研究交流財団
"広帯域化を可能とする通信光増幅器用希土類含有ガラス材料の設計"
2002年5月 日本希土類学会足立賞
"波長多重通信用光増幅器における4f電子遷移確率の制御と広帯域発光材料の開発"
1998年3月 日本化学会進歩賞
"希土類レーザガラスの光機能設計と配位子場解析"
1996年4月 日本セラミックス協会進歩賞
"希土類含有ガラスの光学特性と局所構造に関する研究"
1995年2月 光科学技術研究振興財団研究表彰受賞
"4f電子遷移を利用した赤外可視変換希土類含有材料の設計"
1994年2月 井上研究奨励賞(=井上科学振興財団 博士論文賞)
1990年3月 日本工業新聞主催先端技術学生論文 ・第4回文部大臣賞(1席)
"次世代の光技術に期待されるガラス材料の設計"
1988年6月 Material Research Society(米国材料学会)主催先端材料国際会議
Young Scientist and Engineers Award 受賞

その他