Equipments

  1. 試料作製・加工室
  2. 院生学生室兼..
  3. 光物性実験室
  4. 大型装置室
  1. 共同実験室1
  2. 共同実験室2
  3. プロジェクト室(ナノケミ室)
  4. 屋上
  1. 残光・高圧光物性実験室

4.大型装置室

レーザアブレーション(PLD)装置室です。酸化物薄膜や超格子、ナノ粒子を作る時に使います。




(写真左下)Nd:YAGレーザー(4倍波266 nm)をチャンバー内のターゲットに照射。
(写真右下)アブレーションが起こり、ターゲット(右下)からのプルームが熱された基板(上)へ向かっている様子。


   ↑RHEEDによる薄膜の成長過程の観察

・卓上型真空蒸着装置(VPC-060, アルバック機工)
卓上型真空蒸着装置
容器内を真空にして金属などに熱を加えて蒸発させ、気体を飛ばして基板などをコーティングします。
金属薄膜作製や、電極作製に用いています。

高温電気炉(フルテック製FT1700):

セラミックスなどの焼結、固相反応に。
大気中1650℃まで。

フーリエ変換赤外分光光度計
(FTIR8400S) 7800cm-1〜350cm-1
KBr錠剤透過法だけでなく、ZnSeプリズムによる
ATR法ジグも常設

ボールミル装置

Fritsch(独)製の遊星ボールミル装置です。試料とアルミナボールをポットに一緒に入れて自転と公転を与え、非常に大きな圧縮剪断力を与えることで粉砕を行う装置です。アルミナボールの大きさで粉砕後の試料の大きさが決まります。
ATR法ジグも常設